醸造中の添加物にも厳しいオーガニックワイン

醸造中の添加物にも厳しいオーガニックワイン

解説!オーガニックワインの魅力


オーガニックワインとは化学肥料や農薬、除草剤を使わずに育てたブドウから作られたものを言います。また、遺伝子操作を行なわないなどの基準もあります。

極力自然なもののみを使用して作るため、農薬の付いているブドウを使わないので、洗わずに加工することができます。そのため、一般的なワインより二日酔いなどの負担が少ないと言われることもあります。

醸造過程においても、香料や味、変色を防ぐための人工の添加物を加えることがありません。こういった点から、無農薬で育てられたものを使用しただけでは、オーガニックと言えないということが分かりますね。あらゆる基準を満たした安全なものだけが、オーガニックと名乗ることができるのです。

オーガニックワインは、化学肥料や農薬を使わず、出来るだけ自然に近い土壌で作ったブドウから醸造されるものを言います。採取したそのままで加工するところがポイントなのです。

色、香り、味についても人工的に加工することはありません。また、オーガニック憲章というものがあり、ブドウがどこで育てられていたかをしっかり確認することができます。しかし、各国によって憲章制度が異なる場合があり、注意が必要です。

保存料については、普通のワインは人工的な二酸化硫黄や亜硫酸塩を使うことが一般的です。しかしオーガニックワインでも醸造過程で二酸化硫黄を殺菌のために使ったり、自然に生成するものであったりするので、一般消費者には表示がわかりにくいという点が指摘できます。

また、オーガニック栽培は畑の管理において人手がかかることが多かったり、醸造技術を人工的に補訂できないため結果的に生産コストが普通のワインより高くなってしまうことがあります。


添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ