オーガニック野菜の農薬に関する厳しさと確実な安全さ

オーガニック野菜の農薬に関する厳しさと確実な安全さ

■オーガニック特集!普通の野菜とオーガニック


最近では、身体に良い野菜として、オーガニックが注目されています。オーガニックとは、有機栽培という意味で、農薬や化学肥料を使用せず、有機肥料などで、農作物を栽培することです。日本では、認定を受けた農家が生産した農産物に、有機栽培のJASマークが付けられています。

オーガニックの基準としては、3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で農作物を栽培していることや、農薬や化学肥料は使用しないことなどが定められいます。

また、合成添加物の使用制限や遺伝子組換え材料は使用しないことなども、定められています。身体にも優しく、農薬を使用していないので、健康にも良いですし、子供や妊婦、高齢者でも安心して食べることが出来ます。

スーパーに行くと販売している野菜ですが、実は色々なものがあります。しかし、身体に良いと言われているオーガニックと普通の野菜では、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、オーガニックとは、農薬や化学肥料を使用せず、人間の糞尿を肥料として与え、農作物を育てるもので、ほとんど身体に農薬が蓄積されることが無いので、価格は普通の野菜よりも高くなりますが、身体への安全性は保障されています。

普通の野菜の場合は、農薬を使用して害虫を駆除します。また、市販の化学肥料を使用して、農作物を育てますので、沢山収穫は出来ますが、多少は農薬が農作物に残ってしまう可能性があるのです。

そのため、身体に気を使う方々の間では、オーガニックがブームであり、特に不妊治療や癌の治療をしている方は、人体に無害だということで、無農薬の農作物を好んで食べるケースもあるようです。健康にも良いので、オーガニック野菜を出来るだけ食べるようにしましょう。


添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ