肌への刺激が少ない化粧水はオーガニック成分が決め手

肌への刺激が少ない化粧水はオーガニック成分が決め手

■解説!オーガニック化粧水の魅力って?


女性の肌はとても敏感です。特に生理周期や妊娠中、授乳中はホルモンバランスが崩れやすく、肌荒れが起こりやすくなります。また、アトピーなどの症状に悩む人も多く、乾燥なども大敵です。

そのため、出来るだけ肌に優しい化粧水を使用したいものです。オーガニックの化粧水なら、添加物を一切使用せず、有機栽培された植物を使用して作られているので、安心ですし、安全です。

最近、オーガニックという言葉をよく耳にしますが、このオーガニックとは一体どのようなものなのでしょうか。オーガニックとは、有機栽培の意味であり、農薬や化学肥料を使用せず、有機肥料などにより農作物を栽培することです。

その定義としては、3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培し、農薬や化学肥料は原則使用しないこと、遺伝子組み換えの原材料は使用しないことや、添加物を出来るだけ使わずに育てることなどがあります。

最近では、化粧水などにもオーガニック製品が使用されており、表面上のシミやシワにアプローチするのではなく、肌の中からシミやシワの原因を防止するため、肌荒れやアトピーなどに悩む人にはぴったりです。

素材そのものの効能によって人間が持つ自然治癒力を高め、肌をケアするので、肌への刺激が少ないのです。そのため、身体の中からキレイになるという効果があります。化学物質が含まれていないので、肌にも優しく、敏感肌や乾燥肌でも使用出来ますし、肌荒れに悩む人にはオススメの化粧水です。

刺激物が一切配合されていませんので、肌への負担もほとんどありません。普通の化粧水と比べると生産量も少なく、手間と時間をかけて作るので価格もやや高くなりますが、肌にとても優しく潤いを与えてくれるので、毎日使用して肌環境を整えましょう。


添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ