オーガニックなヘアカラーなら、アレルギーの心配なし

オーガニックなヘアカラーなら、アレルギーの心配なし

解説!オーガニックヘアカラーの利点と美点


オーガニックヘアカラーの1つ、ノンジアミンカラーはアレルギーを引き起こすリスクを低減してくれます。また、それだけではなくカラーの持ちも保ってくれるという利点があります。

ヘアカラーをして気分が悪くなった経験がある方や、ジアミンアレルギーの方、妊娠中・授乳中でヘアカラーを躊躇されている方にとっては注目です。

また、へナを利用したカラーもあります。このへナカラーは植物の天然成分でヘアトリートメント効果も期待できます。頭皮にも優しく、白髪染めとして有名ですが、それだけではなく、髪のダメージを気にする方にとても良いのです。しかし、どこのヘアサロンにでもメニューとして用意されているわけではないので、事前に問い合わせが必要です。

髪にもオーガニックのものを考えている方にとっては、ヘアカラーの成分は気になるところです。従来の一般的なヘアカラーにはジアミンという成分が入っています。ジアミンは染色の色の元となっており、ヘアカラー剤には欠かせない成分ですが、欠点としてアレルギーを引き起こす可能性があります。

元々アレルギー体質の人や、妊娠中や授乳中の人にとっては、心配の材料と言えます。そこで考えられたのがノンジアミンカラーという、その名の通りジアミンが入っていないヘアカラーで、アレルギー発生の心配を抑えてくれます。

このノンジアミンカラーは髪を暗くすることには向かないので、注意が必要です。元の髪色よりも明るくするのが特徴で、色合いも通常のカラー剤とは違い、アッシュ系が多くなっています。しかし明るくした髪は色あせがしにくく、長持ちするという良い特徴があります。

また、昔ながらのへナを使用したカラーは、自然な色合いで頭皮や身体に負担をかけません。こちらは、元の髪よりも暗くすることが特徴です。

しかし、オーガニックカラーと言えども、絶対にアレルギーを引き起こさないわけではないので、事前にパッチテストをするなどの対策は必要です。


添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ