天然化粧品成分のスクワランをわかりやすく解説!

スクワランとは、深海にすむサメ類の肝油から抽出される天然オイルで、浸透性が良く潤滑性に優れた美容成分です。もともと皮脂中にも含まれている成分で、肌細胞に酸素を供給する働きをしています。そんな、無添加化粧品にも配合される、肌細胞の活動に深く関わる天然オイル・スクワランの働きについて、ご紹介していきましょう。

スクワランの特性・効果・作用は?

スクワランサメの肝油から抽出される天然のオイル・スクワランには、保湿・収れん・柔軟といった作用があります。

オイルでありながら肌への刺激はほとんどなく、また皮膚呼吸を妨げることがないという特徴を持っています。

そのため、高級化粧院の原料として欠かせない成分のひとつにもなっています。

細胞に酸素を供給する作用を持っているため、細胞活動を活発にする効果があるとされていて、そのうえ肌のバリア機能を向上させ、あせも・ニキビ・吹き出物といった肌トラブルをケアする働きがあります。肌との親和性が高く、敏感肌にもやさしいオイルです。

また、肌への浸透性が良く、つけた時にべたつかないなどといった特性も持っています。

スクワランについて

スクワランは、私たちの皮脂にも含まれている成分で、主に細胞へ酸素を供給する働きをしています。

そのため、体内からスクワランが減少してしまうと、肌細胞の再生力を低下させてしまい、肌の老化が進んでしまうといわれています。

こうした肌の老化によって起こる乾燥などのトラブルをケアするため、多くの化粧品にスクワランは配合されています。肌への刺激がほとんどないという特性があるため、もちろん無添加化粧品にも配合されることが多く、みずみずしく健康的な美肌をつくるサポートをしています。

スクワランの含まれている無添加化粧品を紹介

スクワランは、無色透明で無味無臭の天然オイルです。しかも、肌への刺激がほとんどないため、多くの化粧品に配合される美容成分でもあります。

もちろん、低刺激にこだわる無添加化粧品にも、安心して配合できる美容成分として配合されることが多い天然成分と言えます。

もともと皮脂に含まれてもいる成分なので、肌への馴染みも良くべたつく感じがないという特徴を持っていて、化粧品だけではなくマッサージオイルとしても、利用されているそうです。

無添加化粧品の中では、ハーバー(haba)のスキンケアラインでよく使用されています。

>>スクワランの力をより高める完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ