無添加化粧品の配合天然成分・ゲットウ(月桃)とは

ゲットウ(月桃)は、沖縄で多く生育しているショウガ科のハーブで、琉球時代から防腐剤代わりに使われていた、生命力の強い植物です。ゲットウの葉には、肌トラブルを落ち着かせる鎮静効果と、肌の再生をサポートする作用があるため、化粧品の美容成分としても注目されています。

そんな美肌ハーブ・ゲットウ(月桃)について、ご紹介しましょう。

ゲットウ(月桃)の特性・効果・作用は?

沖縄の美肌ハーブ・ゲットウ(月桃)の葉には、赤ワインの30倍ものポリフェノールが含まれていると言われています。そのため抗酸化作用がとても強く、古くから防腐剤代わりにされてきたというのもうなずけます。

そしてもう一つ、皮膚の老化を抑えるためには欠かせない、コラーゲンの合成を促進させる作用のあるカワインという成分も含んでいるというのが、ゲットウが美肌ハーブと言われる所以です。

ポリフェノールの抗酸化作用と皮院のコラーゲン合成促進作用で、トラブル肌を鎮静化させ、肌の再生力を向上させてくれる効果を持った、天然成分なのです。

ゲットウ(月桃)について

月桃昔から、ゲットウ(月桃)の葉でお持ちなどを包むことで、中の食品を腐らせないようにしていたそうです。

暮らしのなかで天然の防腐剤として活用されてきたゲットウ(月桃)ですが、最近の研究でその葉には肌を美しい状態へと導くための有効な作用が、たくさんあることがわかってきました。

特に注目されているのが、抗酸化作用とコラーゲンの合成促進作用。

ゲットウ(月桃)に含まれている皮院という成分が、コラーゲン分解酵素の働きを阻害する作用があることがわかったのです。

現在ではさらに研究が進み、コラーゲンだけではなく肌のハリや弾力に必要なエラスチン・ヒアルロン酸の分解酵素の働きも阻害することが判明しています。

ゲットウ(月桃)の含まれている無添加化粧品を紹介

大変美容効果が期待できる天然成分ですが、ゲットウ(月桃)はあまりメジャーとは言えない成分です。ですので、自然素材にこだわる無添加化粧品でも配合されているものはまだまだ少ない、と言っても過言ではないと思われます。

そんな中、ゲットウ(月桃)の効果に注目し主成分として化粧品を開発しているのが、琉白というメーカーです。ゲットウ(月桃)をはじめとして、配合成分を沖縄産のオーガニック素材にこだわって、スキンケア製品を開発しています。

>>ゲットウの力をより高める完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ