敏感肌の解決方法とおすすめの無添加化粧品

肌が弱くて、ケアするための化粧品でもトラブルを起こしてしまう、そんな敏感肌の方の中には、皮膚科での治療を行っている人も少なくありません。そんなケアが難しいと思われている敏感肌も、解決方法をきちんと知っておけば、自宅でも十分にケアしていくことができます。では、敏感肌について少し詳しく解説していきましょう。

敏感肌の原因と解決方法を解説!

ストレス敏感肌と呼ばれる肌タイプの人は、本来であれば外部刺激から肌を守る「バリア機能」を持った角質層が、正常に機能していない状態になっていると考えられます。

原因としては、肌の水分不足・紫外線などの外部刺激・ホルモンバランスの崩れ・ストレス・生活習慣の悪化などが挙げられていています。

特に起きやすい年齢というのはなく、誰でも乾燥肌になる可能性はあるのです。敏感肌になると、肌の乾燥も進みカサカサやかゆみが出やすくなり、化粧品によるかぶれ・湿疹・アレルギーなども発症しやすくなります。

こうした乾燥肌をケアするには、まず何と言っても強い刺激を肌に与えないことが肝心です。ゴシゴシと肌をこするのはもちろん、化粧品も刺激となる成分の少ない無添加化粧品がおすすめになります。角質層を整えバリア機能を正常にするため、セラミドを配合した浸透力・保湿力の高い化粧品でケアを行っていきましょう。

化粧品をつける時も、あくまで優しく浸透させていくのが基本です!敏感肌の解決方法の主軸は「肌に負担をかけない」ことです。これをしっかりと守って、ケアをしていきましょう!

敏感肌のまとめ

ストレスや生活習慣の悪化が問題となっている現在、敏感肌に傾いてしまう方が多くなってきているそうです。ですので、化粧品でのケアに加えてストレスの緩和や、生活習慣の見直しといったことも、敏感肌を解決に導くための方法だそうです。

そして、上記でも挙げましたがとにかく肌に刺激を与えて負担をかけない、というのがベースにないと、なかなか改善へは向かわないようです。

そのため、敏感になった肌を正常な状態へと導くケアには、低刺激の無添加化粧品がおすすめとなるわけですが、無添加化粧品ならどれでも刺激がないかというとそうでもありません。少しの刺激でも過剰に反応してしまう可能性のある敏感肌の方には、その可能性がゼロに等しい添加物が一切配合されていない完全な無添加の製品をおすすめします。

>>敏感肌の方にぜひ知ってもらいたい完全無添加化粧品をもっと見る

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ