乾燥肌は老化を加速させる要因の一つです!化粧品選びは慎重に

肌に潤い感が全くなく、カサカサした状態になっているのが乾燥肌です。水分も油分も感じられないような乾燥肌は、痒みを引き起こしやすく、しわやたるみといったお肌の老化現象を加速させてしまう要因の一つでもあるのです!なぜ肌が乾燥してしまうのか、その原因を知ることで乾燥肌の解決方法、正しい化粧品選びを探っていきましょう!

乾燥肌の原因と解決方法を解説!

乾燥肌乾燥肌になってしまう原因には、外的要因と内的要因の2つが挙げられます。

外的要因というのが空気の乾燥です。冬場の空気が乾燥しやすい時期であったり、冷暖房によって空気が極端に乾燥した空間に長くいる事で、肌の水分が必要以上に蒸発してしまい乾燥肌になってしまうとのことです。

そしてもう一つ、内的要因には加齢による体内の水分量低下が挙げられます。体内の水分量は、20代後半くらいから徐々に減り始め、その影響はまず髪の毛や肌に現れるため、30代以降の人の乾燥肌は内的要因によるものと考えて良いでしょう。

この乾燥肌をケアするためには、やはり乾いてしまった肌細胞に水分補給をして、さらに水分保持してあげることが欠かせません。

コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿効果の高い美容成分を多く含んだ、ケア化粧品でお手入れをしていくのがおすすめになります。また乾燥でカサカサになっている肌は、刺激に対してとても弱くなっています。

刺激の少ない無添加化粧品であれば、安心して乾燥肌のケアをしていくことができるでしょう。

乾燥肌のまとめ

乾燥肌は、肌細胞が水分不足になって縮んでしまっている状態です。

これをケアしていくには、不足して知る水分を十分に補給してあげる事が大事ですが、もう一方で適度な油分の補給も必要となります。なぜならば、細胞自体は水分で満たされていますが、その細胞をつないで細胞の水分保持の役割をしているのが細胞間脂質(セラミド)という油分だからです。

乾燥肌の場合、水分と共にこの油分も失われているので、キメの整ったみずみずしい肌を目指すならば、必要な油分の補給というのも必要なのです。

乾燥肌は敏感肌への前段階ともいえるものなので、刺激は極力避けるのがベストです。ですので、ケアをするための化粧品は、やはり低刺激な無添加化粧品がおすすめになります。

浸透力が強く美容液のようにしっとり感が持続する、保湿・保水効果の高いタイプのものが良いでしょう。

>>乾燥肌の方にぜひ知ってもらいたい完全無添加化粧品をもっと見る

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ