化粧品に含まれる添加物・サリチル酸

サリチル酸は合成された有機化合物で、以前は医薬品・化粧品・食品などの防腐剤として、広く利用されていました。しかし、現在では旧表示指定成分に指定されたこともあり、以前ほどは防腐剤として利用されていないようです。今は主に、サリチル酸が持つ他の効果で化粧品に利用されています。

では、サリチル酸についてご紹介します!

サリチル酸の特性と危険性

合成された有機化合物のサリチル酸には、高い殺菌効果が認められ以前は化粧品だけではなく、医薬品や食品などにも防腐剤として広く使用されていました。

しかし、厚生省により認定された旧表示指定成分になってからは、配合制限が設けられて、以前ほど防腐剤としては利用されなくなってきています。

防腐剤として使用されていたサリチル酸ですが、配合量によって肌への働きが変わるという特性があります。通常の化粧成分としての配合量でサリチル酸を使用した場合、雑菌の繁殖を防いで角質層を柔軟にする効果が得られるのです。

そのため今は、ニキビケアや角質ケアの化粧品に配合されることが多くなっています。

サリチル酸は、水には溶けにくくエタノールや熱湯には溶けやすいという性質を持っています。ですので、エタノールの刺激に弱い敏感肌の人は、注意が必要になります。

また、発がん性やアレルギーの危険性が指摘されている成分でもあります。

サリチル酸に関するまとめ

サリチル酸合成有機化合物であるサリチル酸は、旧表示指定成分です。

殺菌効果が高く化粧品・医薬品・食品などに防腐剤として使用されてきましたが、アレルギーや発がん性が指摘され旧表示指定成分となってからは、防腐剤としてはだいぶ利用されることが少なくなったそうです。

しかし、配合量が制限された事により、サリチル酸のもう一つの効果である角質の柔軟作用が、注目されるようになったようです。

殺菌効果と併せて、最近ではニキビケアの化粧品や角質ケアの化粧品に、配合されることが多いそうです。

ただ、合成化合物ですのでサリチル酸自体が刺激になる可能性もありますが、エタノールで溶かしている場合もあるので、敏感肌の人は要注意です。

近頃ではエタノールではなくマクロゴールという低刺激の溶剤が使われているそうですが、それでも気を付けた方が良い成分である事に、変わりはないかと思われます。

>>サリチル酸など添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ