化粧品に含まれる添加物・ラウリン酸ポリグリセリル‐10

ラウリン酸ポリグリセリル‐10とは、植物脂肪酸のラウリン酸と、水溶性保湿成分のポリグリセリル‐10によって得られる、ノニオン(非イオン性)合成界面活性剤です。水分と油分を乳化して、品質を安定した状態で保つ効果に優れているため、様々な化粧品に使用されています。

そんなラウリン酸ポリグリセリル‐10について、ご紹介しましょう。

ラウリン酸ポリグリセリル‐10の特性と危険性

シャンプーボトルラウリン酸ポリグリセリル‐10は、化粧品やシャンプーなどに乳化剤や洗浄剤・顔料の分散剤・髪と皮膚のコンディショニング剤などとして使用されています。

ラウリン酸ポリグリセリル‐10は、人の皮脂成分にとても良く似ています。そのため、肌に保護膜を張り水分を閉じ込め潤いを保つ働きをし、高い保湿効果が得られるのだそうです。

この保湿効果は乳化作用と共に、ラウリン酸ポリグリセリル‐10の大きな特性となっています。

界面活性剤の中でも食品添加物に使用されるほど、極めて安全性が高い成分と言われていますが、全く刺激がないかといえばそういうわけでもなさそうです。

やはり添加物の一つである界面活性剤であることを念頭に、刺激に弱い敏感肌の方やアレルギーをお持ちの方は、なるべくなら避けられた方が良いと思います。

ラウリン酸ポリグリセリル‐10に関するまとめ

無添加化粧品にも乳化剤・保湿剤として使用されることの多いラウリン酸ポリグリセリル‐10。添加物の一つである界面活性剤ではありますが、保湿効果が高く界面活性剤としては極めて安全性が高いというのは、メリットには違いありません。

私たちの口に入る食品添加物にも使用される成分ですから、肌への刺激が少ないというのもうなずけます。

ただやはり、どんな肌質の人でもトラブルを起こさないかと言われれば、完全に肯定することはできません。化粧品の「無添加」や「敏感肌用」という枕詞に惑わされず、表記されている成分をきちんとチェックしていくことが、本当にトラブルを起こさないために大事なことだと思います。

心配な場合は使用を避けるか、手や腕などでパッチテストを行い肌の反応を確かめてから、使用を決めることをおすすめします。

>>ラウリン酸ポリグリセリル-10など添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ