化粧品に含まれる添加物・フェネチルアルコール

化学合成成分であるフェネチルアルコールは、花の香りの中でも代表的なバラの香りのする香料です。化粧品に使用される時はベースの香料として利用されていて、他の香料と組み合わせることでその製品のイメージに合った香りを演出しているのだそうです。

人気の高い香りを持つフェネチルアルコールについて、ご紹介していきましょう。

フェネチルアルコールの特性と危険性

バラフェネチルアルコールは、香料として合成された成分で、多くの化粧品に配合されています。

バラの甘いフローラルな香りのする成分で、主にベースとなる香料として重宝されているそうです。

フェネチルアルコールには、最近の研究で抗不安作用があることが確認されており、香りを嗅ぐことで気分を落ち着かせる癒し効果が高いと言われています。

また、フェネチルアルコールには香料というだけではなく、高い抗菌作用を持っているため防腐剤としても、化粧品に使用されているそうです。

成分自体が化学合成された物ですので、合成防腐剤という事になりますが、現在までに特に健康被害につながるような報告はないようです。

旧表示指定成分には該当しておらず、安全性は高いと思われますが、やはり刺激に敏感になっている肌には負担となる恐れはゼロとは言えません。

フェネチルアルコールに関するまとめ

香料、もしくは防腐剤として化粧品に配合されるフェネチルアルコール。化学合成成分としては旧表示指定成分にもあたらず、刺激も少ないということで、安全性は高いようです。けれど少し注意したいのが、香料として使用される時の成分表示のされ方です。

現在化粧品では、配合されている全成分の表示が義務付けられていますが、「香料」に関してはどんな成分が配合されているのか、すべてを列挙して表示する必要がないのです。そのため、「香料」の2文字で済まされてしまっている場合もあり、フェネチルアルコールが配合されているのかいないのかを判断するのが、ほぼわからないと言った製品も少なくありません。

安全性が高いとはいえ、化合物の配合があやふやというのはあまり良い気分はしませんよね。できれば、香料の配合成分に関してもしっかり全表示してもらいたいと思います。

>>フェネチルアルコールなど添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ