化粧品に含まれる添加物・オキシベンゾン

オキシベンゾンは、別名をジヒドロキシベンゾフェノンと言い、主にUVケアを目的とした化粧品に配合されている成分です。紫外線であるUV-Bを主に吸収して、肌へのダメージを防ぐ作用があり、乳液やローション・石鹸・ファンデーションなどに使用されているそうです。

それでは、旧表示指定成分であるオキシベンゾンについてご紹介しましょう。

オキシベンゾンの特性と危険性

化粧品オキシベンゾンの最大の特性が、UV-Bを吸収して肌をダメージから守る作用があるというところです。

この効果のため、紫外線防御剤・紫外線吸収剤として、UVケア化粧品をはじめとした様々な製品に使用されています。

アルコールにはよく溶けますが、水にはほとんど解けないという性質も持っています。

化粧品に単体で配合されるというよりは、紫外線散乱剤の微粒子酸化チタン・酸化チタン・酸化亜鉛等との組み合わせで配合されているそうです。

配合されているUV製品のSPFを高く設定することも可能ですが、そうするとその分肌への負担も大きくなるそうです。

また、オキシベンゾンは旧表示指定成分に該当しており、環境ホルモン作用が指摘されています。

アレルギーを引き起こす可能性もあり、すべての肌質の方に注意が必要な成分であると言えます。

オキシベンゾンに関するまとめ

紫外線からお肌を守る有効な成分ではありますが、お肌にはあまり優しい成分とは言えないようです。

紫外線B波を主に吸収して、肌へのダメージを防ぐ効果がある一方で、旧表示指定成分に指定され環境ホルモンの作用を指摘されています。

また、絶対に日焼けしたくないからとSPFの高い製品を選びがちですが、オキシベンゾンが配合されていた場合、SPFが高いほど肌への負担は大きくなるのだそうです。

使用したことでアレルギーを起こしたという報告がされている化粧品成分でもあるため、しっかりとチェックしなければいけない添加物の一つと考えられます。

比較的毒性の強い成分ですので、どんな肌質の人にも注意していただきたいと思いますが、特に刺激に対して弱い敏感肌の人やアレルギーを持っている人は、オキシベンゾン配合の製品は選ばないようにした方が賢明です。

>>オキシベンゾンなど添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ