化粧品に含まれる添加物・メチルパラベン

メチルパラベンとは、旧表示指定成分であるパラベン(パラオキシ安息香酸エステル)の一種で、防腐剤として化粧品に使用されています。パラベンの種類の中で一番肌への刺激が少ないことから、現在最も多くの化粧品に配合されている防腐剤です。

そんなメチルパラベンについて、ご紹介していきます。

化粧品添加物・メチルパラベンの特性と危険性

抗菌作用が強く防腐剤として化粧品に使用されるパラベンの中で、一番肌への刺激が少ないとされているのがメチルパラベンです。

パラベンに比べて抗菌作用は劣りますが、低刺激ということで現在多くの化粧品に防腐剤として配合されています。

しかし肌への影響が低いと言われるその一方で、紫外線があたると肌細胞の老化をすすめてしまう作用があるとされ、シミやしわができやすくなる可能性があることが指摘されています。

メチルパラベンに関するまとめ

メチルパラベンメチルパラベンは旧表示指定成分でなく、肌に対する刺激も他の防腐剤と比べて少ないため、様々な化粧品に防腐剤として使用されているようです。

メチルパラベン自体の抗菌力はさほど強くはありませんが、他の種類のパラベンと組み合わせることによって、抗菌力を上げることは可能だそうです。

パラベンは旧表示指定成分ですが、上限を1%として化粧品に配合することが認められています。ですので、上限を守れば化粧品に配合されていても、深刻なトラブルが起こるなどの心配は少ないとされています。

しかし、いくらパラベンの中では最も弱い効力のメチルパラベンと言っても、肌への危険性が全くないというわけではありません。

メチルパラベンには紫外線に反応して肌トラブルを起こす可能性も指摘されていますので、注意を払う必要はあります。特に紫外線過敏症など、紫外線に対するアレルギーを持っている人や、敏感肌の人は気を付けた方が良い添加物だと思われます。

>>メチルパラベンなど添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ