化粧品に含まれる添加物・水酸化レシチン

水酸化レシチンとは、大豆などから抽出されるレシチンを水酸基化して作られた、レシチン誘導体のひとつで合成界面活性剤です。保湿効果の高いレシチンの特性はそのままに、乳化・可溶化作用を高めた成分で、主に乳化剤やコンディショニング剤として化粧品に配合されています。

そんな合成界面活性剤・水酸化レシチンをご紹介します。

水酸化レシチンの特性と危険性

卵の黄身大豆や卵黄から抽出されるレシチンは、保湿効果に大変優れている天然成分です。ですがこのままでは乳化力が弱いため、水酸基化することでレシチンの乳化・可溶化作用をアップさせたのが、合成界面活性剤の水酸化レシチンです。

水酸化レシチンは、主にコンディショニング剤や乳化剤として配合されていて、化粧品の乳化を安定させる働きをしています。

また、レシチンの高い保湿効果はそのまま残されており、肌への浸透性も高いため保湿ケアのための製品の配合されていることが多いそうです。

合成界面活性剤の中では、比較的肌への刺激が少ない成分とされているので、敏感肌用や無添加といった化粧品にも使用されています。ですが、全く刺激がないというわけではありませんので、少しの刺激にも反応しやすい敏感肌の人やアレルギー体質の人などは、なるべくならば避けた方が賢明かもしれません。

水酸化レシチンに関するまとめ

原料であるレシチン自体は、大豆もしくは卵黄から抽出される天然成分ですが、そこから合成された水酸化レシチンは合成界面活性剤となりますので、厳密には天然成分とは言えません。

例えば、天然成分であるレシチンが食品の乳化剤として使用可能であるのに対し、水酸化レシチンの食品への使用はNGです。こういったことからもわかる通り、水酸化レシチンは合成された段階で、天然成分のレシチンとは別物になっているのです。

ですが、原料が天然成分であることと合成界面活性剤の中では毒性が低いということから、あたかも天然成分であるかのように化粧品に配合されることも少なくありません。

レシチンと水酸化レシチンは違うもの、ということをしっかりと認識したうえで、化粧品選びをされていくと良いと思いますよ!

>>水酸化レシチンなど添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ