化粧品に含まれる添加物・コカミド

コカミドとは、ヤシ脂肪酸とジエタノールアミンを縮合することでできる、非イオン性の合成界面活性剤です。コカミドは、泡を安定させて洗浄性を高める効果があるため、主にシャンプーやクレンジングといった洗浄剤に添加されることの多い成分です。無添加化粧品にも使用されるコカミドについて、詳しく見てみましょう。

コカミドの特性と危険性

ヤシの木コカミドとは、ヤシ油から抽出したヤシ脂肪酸とジエタノールアミンが縮合してできる、別名をヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドという非イオン性の合成界面活性剤です。

気泡力や泡の安定性と洗浄力などを高める作用があるため、他の界面活性剤の補助としてシャンプーやクレンジング剤などの洗浄剤に配合されることが多い成分です。

原料の一つであるジエタノールアミンは化学物質で、亜硝酸と反応すると発がん性物質であるニトロソアミンを精製してしまう特性を持っています。

これは、マウス実験での結果で、実際に人間では起こらないとも言われています。しかし、危険性が完全に解消されているわけではありませんので、できれば避けたい成分の一つと言えると思います。

コカミドに関するまとめ

コカミドに関しては、その安全性に関して疑問を投げかける情報が少なくありませんでした。

原料の一つがヤシ油という天然成分であるため、無添加化粧品にも配合されていますが、もう一つのジエタノールアミンは化学物質です。それを考えると、コカミド=天然成分というのは、ちょっと無理がありますよね。

他の界面活性剤の効果を高める作用があるため、単独でというよりは補助的な形で配合されることが多いそうです。

配合量が多くなると、かえって髪の毛を痛めてしまうことも指摘されています。

また、粘性を高める作用もあるため、親水性増粘剤としても使用されているそうです。肌への影響は少ないとされていますが、なんといっても合成化合物ですから、アレルギーや敏感肌の人にはあまりおすすめできないものだと言えます。

>>コカミドなど添加物が入っていない完全無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ