化粧品に含まれる添加物の現状と危険性

ナチュラル志向の高まりとともに、化粧品に含まれる添加物についても関心が高まっています。

化粧品メーカーもその波に乗り、無添加化粧品を展開するところが増えてきました。

しかし、添加物の配合に関する規定は曖昧で、メーカー判断に任されている部分があります。ですので、無添加と言っても実は添加物が配合されていた、という危険性は常にあるのです。

化粧品とキャリーオーバーについて

キャリーオーバーとは、繰り越された成分の事を指しています。化学物質というのは、途中で分解し消えてしまうことがありません。

例えば無農薬農法で栽培された植物であっても、使用された有機肥料の原料となった豚の飼料に化学物質が含まれていたら、それが植物にキャリーオーバーされている可能性が高いのです。

キャリーオーバーの危険性を回避するには、かなりさかのぼっての管理が必要なので、どうしても手間と労力がかかってしまいます。

それでもこだわっている所では、海外の認証機関で完全なオーガニック栽培であるという認定を受けて、原料の管理をしているようです。

>>化粧品とキャリーオーバーの関係を詳しくみる

化粧品に配合される代表的な添加物一覧

昭和40年代に化粧品による健康被害が多発したことから、アレルギーなどの危険性がある102種類の添加物が「表示指定成分(現:旧表示指定成分)」として厚生省によって設定されました。

それ以降、これらの添加物を含まないことで無添加化粧品であるという製品が次々に開発されていますが、実際には102種類以外の添加物が配合されていることがほとんどです。

それらは、指定成分に比べて毒性が弱く、肌への刺激が少ないということで安全とされ、化粧品の安定や防腐の目的で配合されるのだそうです。

そんな、現在も化粧品に含まれる代表的な添加物が、以下の成分となります。

添加物に関するまとめ

危険マーク化粧品を長持ちさせるためであったり、成分を安定化させるためであったり、添加物が使用される理由は様々です。しかし、いくら毒性が弱く肌への刺激が少ないと言っても、どんな肌に対しても全く影響がないのかと言われると、断言することは出来ないというのが本当のところだと思います。

幸いと言ってはなんですが、現在化粧品には全成分内容を表記する義務があります。つまり、添加物になる成分について少しでも知っておけば、本当に良い無添加化粧品を選ぶための、とても良い判断材料とすることができるのです。

敏感な肌は、たとえ安全と言われる刺激の少ない添加物にも、過剰に反応してしまう可能性はあります。

たとえ手間となっても全部の配合成分をチェックして、本当に添加物が配合されていないかどうか、またはどんな添加物が配合されているのかを見つけることが、スキンケアのためにも大切なこととなっています。

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ