完全無添加化粧品ってどういうものなの?

この頃、肌のデリケートな方を中心として「完全無添加化粧品」というものが注目されています。肌への刺激となる石油由来の添加物を含まない、肌にやさしい無添加の化粧品もありますが、それとはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、「完全無添加化粧品」について、詳しくみていきます。

完全無添加化粧品とは

美しい肌の女性化粧品には、防腐剤・乳化剤・酸化防止・泡立ち・香りを良くするといった目的で、石油系の化学物質や化合物といった添加物が含まれる場合があります。

しかしながら、これら石油系成分が肌に刺激となり、トラブルを起こすことが問題視されるようになったことから、「無添加化粧品」が誕生することとなりました。

無添加なのだから添加物は含んでいない、そう思うのは当然ですよね。しかし、日本では「無添加」というのは「旧指定成分(代表的な添加物)」を含んでいない」という意味合いの場合が多いのです!

添加配合されていることについては特に問題があるわけではありませんが、無添加の基準が曖昧であることは確かです。

それに、低刺激とはいえ添加物が含まれているとなれば、肌が弱い人にとっては気がかりなことには違いありません。そこで、肌がデリケートな方でも使える化粧品として作られているのが、一切の添加物を配合しない「完全無添加化粧品」なのです。

完全無添加化粧品についてのまとめ

化粧品の多くには、使用感を良くしたり品質を安定させるために、石油由来の化学物質や化合物といった添加物が配合されている場合があります。

これは成分の種類や量の違いこそあれ、「無添加化粧品」においても例外ではありません。

これに対し「完全無添加化粧品」は、防腐剤や界面活性剤、香料、着色料などの化学物質(添加物)が一切配合されていないというのが大きな特徴です。少しの刺激でも反応しやすいデリケート肌の方にとって、化粧品選びは難しいものです。

例えば、「無添加」「自然派」など肌に優しそうな製品を選んでも、反応してしまう可能性があるからです。

一方、完全無添加化粧品には化粧品を安定させるための添加物がないため、それらによる肌トラブルの心配はありません。ただし、完全無添加であれば安全であるというわけではなく、原料自体のアレルギーなどに注意する必要があります。

つまり、完全無添加化粧品を選択することで、よりデリケートな肌質の方に合った化粧品を選びやすいというのがメリットです。

>>完全無添加化粧品を見てみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ