無添加とオーガニックの違いを知っておこう!

デリケートな肌の方でも使うことができる刺激が少なく肌に優しい化粧品と言われるもののひとつに、「オーガニックコスメ」があります。低刺激製品ということで、オーガニックコスメと無添加化粧品は同じものと思っていらっしゃる方も多いのですが、実はその中身にははっきりとした違いがあるのです。

コスメ選びの参考に、ぜひその違いを知っておきましょう。

オーガニックコスメについて解説!

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使わない有機農法のことを指し、身体に良い植物を作る方法として世界中で取り入れられています。

そして、この有機農法で栽培された植物を原料とした製品を、「オーガニック製品」と呼んでいるのです。「オーガニック野菜」や「オーガニックコットン」、そして「オーガニックコスメ」もこの「オーガニック製品」の中に入ります。

肌への刺激となる化学化合物が含まれていない有機原料としていますので、健康志向の方や肌がデリケートな方に向けた製品です。

オーガニックコスメと無添加化粧品の違いとは?

オーガニックコスメの添加物農薬や化学肥料を使わない有機原料というと「じゃあ、無添加と同じってこと?」と思われる方は多いかと思いますが、実はその中身は違うものなのです。

オーガニックコスメは、化学物質を含まない有機原料からつくられたの製品であるのに対し、無添加化粧品というのは、防腐剤や着色料、界面活性剤といった石油由来の化学物質・化合物(添加物)が含まれていない製品である、といった違いがあります。

無添加・オーガニック製品選びのポイントについて

無添加化粧品とオーガニックコスメ、中身こそ違いますがどちらも肌に低刺激な製品と言えます。そらならば、どちらを選んでもよいかというと、実はそうでもありません。

無添加化粧品の場合は、全く添加物が含まれていないというイメージがありますが、なるべく配合を抑えているだけで、添加物が含まれている製品はたくさんあります。

また、オーガニックコスメの場合にも「キャリーオーバー」や植物アレルギー、刺激の強い植物成分など、気をつけたい点がいくつかあります。

特に日本製の場合、公的なオーガニック認定がありませんので、信頼できるかどうかしっかり判断する必要があります。

>>完全純粋な無添加化粧品を詳しくみる

添加物ゼロの化粧品を詳しく見てみる


このページの先頭へ